読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やなぎぃの“またたびロードバイク”

すべては「しまなみ海道ひとり旅」からはじまった…ネコがまたたびでゴロゴロする様にクセになるロードバイクの旅をゆる〜くスローにお届けします。さぁ、またたびに出よう!

やなぎぃニューヨークへ行く②スーツケース購入編

逃げ恥終わりましたね

 

色々と伏線が回収されて気持ちの良い最終回だったなと思います

 

さて、今日も残す所あと30分

 

体調はまだ万全ではありませんが、ブログ更新がんばりたいと思います

 

やなぎぃニューヨークに行く

 

続きを書こうと思います

 

が、何を書いていたのかも良く覚えていない位久々になってしまいましたね

 

何だっけかな?

 

あ!そうだ、スーツケース編ですね

 

それでは、どうぞご覧下さい

スーツケース選び

本社配属になって出張というものを何度か経験させて頂きましたが、その殆どが日帰りか一泊二日程度の出張でした

 

つまり、スーツケースなんていらなかったのです

 

今回のアメリカ出張は、成田前泊も入れると5泊6日(たしか)

 

これはスーツケースが必須ですね

 

という事でやって来ました、あまり行かないショッピング

 

行った場所は地元のショッピングモール、人も車も多くて少し苦手です

 

何かお探しですか?

 

とか

 

ご試着出来ますからお声がけください

 

などと言われると、なんか汗ダクになってしまうので少し苦手です

 

出来たらソッとしておいて欲しいものです、必要があればこちらから声かけますからね

 

という話は置いておく事にして

 

サッとカバン売り場を眺めると、それはそれは沢山のスーツケースが並んでいます

 

布のやつ、ハードなやつ、派手なやつなどなど大きさも色も沢山あってやなぎぃは若干パニックです

 

前もってググって行った訳でもなく、ぶらりとお店に行ったもんだからウロウロウロウロするばかりでなかなか決められません

サイズ決定

今回の日程を考えると3〜5泊向けか5〜10泊向けのスーツケースかをまず絞り込む必要がありました

 

今回のアメリカ出張では、実際にスーツを入れる必要もあるし、普段着も何着か持って行く行程になっているのもあって、大は小を兼ねると思い大きめの5〜10泊向けのサイズに決めました

 

きっとこれから長期出張の機会も増えるだろう・・・

素材決定

次はスーツケースの素材ですが、やっぱり布よりもハードな物が頑丈そうなのでハード系に絞り込みました

色決定

次は色ですよね、無難に黒やシルバーか、思い切ってピンク?いやいや、どうしたもんかな?

と散々迷いました

 

一回買ったら恐らくまた買うことはあまり無いだろうと思う買い物なので、ここで失敗するのは避けたい

 

悩みに悩んだ結果

 

ジャン!

f:id:connecttothepoint86:20161220235502j:image

オレンジにしました

 

何とな〜く人と同じが嫌だなと思ったのでこの色を悩んだ挙句選んだのですが、なんとこの選択が後々役に立ちました

 

そのお話は後ほど

f:id:connecttothepoint86:20161220235731j:image

中を開くと、たっぷり入る容量はもちろん細かく収納が出来るポケットもあって重宝しました

 

ただ、この5〜10泊向けのスーツケースは極端に出番が少なくてアメリカ出張の後は確か1度しか使ってません

 

あれから6年経ってるのにです!

 

長期出張もあるだろうと思っていたら、無かったんですね〜あっても3泊止まりです

 

5〜10泊用スーツケースではデカすぎるんですよね〜

 

それなので、皆さんもイレギュラーな長期出張の際はスーツケースを持ってる人に借りれるならその方が無難かもしれませんよ

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました

 

では、また。

やなぎぃ風邪を引く

いやぁ〜久しぶりのブログ更新になってしまいました

 

理由はタイトルの通りなのですが

 

先週、会津若松に出張に行った際お酒をたらふく飲んだ後ホテルでエアコンを付けずに寝てしまいました

 

案の定

 

サムッッ

 

アーーーサムッ

 

ブルブルッ

 

って具合に朝5時頃に寒さで目を覚ました結果、見事に風邪を引きました

 

ホテルの乾燥も効果てきめんだったのでしょうかね〜

 

ついでに出張の日は、会津若松今年初の積雪!

 

サンタがトナカイに乗って現れてもおかしくない位にシンシンと降ってました

 

その為、日中も氷点下近辺の寒さ

 

これでもかと寒さの猛ラッシュです

 

仕事は何とか休まずに切り抜けていましたが、週末遂にダウンしてしまいました

 

そんな週末も明けましたが、まだ本調子ではありません

f:id:connecttothepoint86:20161219225135j:image

金曜日に室内で自転車トレーニングが出来るトレイナーを購入したものの

 

未だに玄関に放置したままです

 

今週末までに開梱してセッティングしたいと思いつつ

 

未だに玄関に放置したままです

 

書きかけのブログの写真素材も探そうとしましたが

 

未だにパソコンに放置したままです

 

たしかあのパソコンのあのフォルダに入っていたよな〜と思いつつ

 

未だにパソコンに放置したままです

 

早く体調を整えてブログを続けていきたいと思いますので今日はこの辺で

 

早めに寝ることにします

 

皆さんはやなぎぃの様にくれぐれも風邪を引かないように、寒さ対策、乾燥対策しっかりして下さいね

 

では、また

 

と言いたい所でしたが

 

玄関に放置したままのトレイナーがやっぱり気になるので、ロードバイクの置いてある部屋に移動だけしておきました

f:id:connecttothepoint86:20161219230028j:image

 

では、また。

やなぎぃニューヨークへ行く①パスポート取得

昨日は会津若松に出張でしこたま飲んで、美味しい食べ物をいただいた結果ブログ更新ができませんでした

 

会津若松は雪が積もって日中も0℃近辺で寒かったです

 

さて、やなぎぃニューヨークへ行く始めていきたいと思います

キッカケ

2009年9月から、会社内の所属変更があってやなぎぃデスクワークになりました

 

小売業界に務めているのですが、店舗から本社に異動したという事です

 

海外出張に行く同僚も多いのですが、行き先はほぼアジア圏で中国、ベトナム、タイなどです

 

そんな中、とあるお取引先様からお誘いがあったのです

 

やなぎぃさん、アメリカに行きませんか?

 

え?ア、アメリカですか?

 

はい、交通費は心配ありませんこちらでご招待させていただきます

 

え?そうなんですか?いいんですか?

 

はい、いいんです!

 

はぁ〜それなら行ってもいいか・・・な?

 

では、エアチケットやホテルの予約をしますのでパスポートのコピーを・・・・

 

パスポート、持ってねぇ〜っす

 

パスポート取得

ってなわけで、なんとアメリカ出張にご招待いただく事になり、持っていなかったパスポートを取得する運びとなりました

 

国内旅行すらほとんど行った事ないやなぎぃなのでパスポートを取得する発想は全くなく、どうしたら良いのかも分かりませんでした

 

海外出張に良く出掛けている同僚に教わって、パスポート取得する事にしました

 

6年前の事なので詳しくは覚えていませんが、色々書類が必要で面倒でした(たしか)

 

当時パスポートセンターは宇都宮駅側にありました(現在は二荒山神社側の表参道スクエアに移転した様です)

 

パスポート写真はパスポートセンター側の写真屋さんで撮影したのですが、駐車場から少し距離があったのもあって汗だくになった後の撮影になってしまい髪はボサボサだし今見返してもかなり微妙な仕上がりとなってしまいました(トホホ)

 

パスポートは有効期間5年と10年があるのですが、今回異動したばかりでの海外出張という事もあってこれから結構海外行く機会もありそうって思ったので、10年にしたのでトホホなパスポート写真は今でも現役です(トホホ)

 

パスポート申請してもすぐにもらえるわけではなくて、確か1週間後くらいにもらいに行ったと思います

 

まぁそんなこんなでまずはパスポートを取得する事に成功したわけです

 

次回はスーツケース購入編です

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました

 

では、また。

関連記事

sasuraimatatabi.hatenablog.com

やなぎぃニューヨークへ行く⓪

毎週火曜日のニヤニヤ時間が終わり、ブログを書き始めました

 

ニヤニヤ時間とは、「逃げ恥」の事、津崎さんと同じ年のやなぎぃはついつい感情移入してしまいますね〜

 

エンディングの恋ダンスにNGシーンを入れ込む編集はファン心理をくすぐりますし、ときメモ風の演出、新婚さんいらっしゃい風の演出などなど見ていて飽きませんね

 

来週の最終回も楽しみです

 

さてシクロクロス全日本選手権大会観戦記も書き終えたところで、何を書こうか考えていました

 

街はクリスマスムード一色、街並みを眺めながら

 

そういえば、6年前の12月に初めての海外出張に行ったなぁ

 

と思い出しました、行き先は何とニューヨーク

 

初海外にしては随分とハードルが高かったなと、今でも思います

 

6年前の記憶を手繰り寄せながら、このブログに書き留めておこうと思います

 

今日はとりあえず、この辺で

 

明日から本編です

 

ては、また。

【完結】第22回シクロクロス全日本選手権大会観戦記②

今朝は寒かった、寒過ぎて布団からなかなかなかなかなかなか出られませんでしたね

 

今日は、仕事で宇都宮から車で1時間程の所にある那須塩原市板室って場所に行って来たのですが、別世界の様でした

f:id:connecttothepoint86:20161212221042j:image

下に写っているエメラルドグリーンのダム湖が更に別世界の雰囲気を醸し出していました

 

雪も残っていて、寒かったです

 

明日の朝もどうやら冷え込むらしいので、布団からなかなか出られないって位で起きたいと思います

 

ってなわけでシクロクロス全日本選手権大会の続きをどうぞ

軽く腹ごしらえ

女子のレースを見終わって、小腹が空いたので軽く腹ごしらえをする事にしました

f:id:connecttothepoint86:20161212221626j:image

ジューーー

 

これは、何でしょうか?

 

ジャン!

f:id:connecttothepoint86:20161212221742j:image

バイミードックという食べ物みたいです

 

バイミードック?初耳です

 

まぁホットドックみたいなもんですね

 

コーンスープとのセットを注文しました

f:id:connecttothepoint86:20161212221943j:image

バイミードックを頬張ると、やわらかいフランスパンに包まれた適度に焼かれたソーセージとミートソースが絡まって美味しかったです

 

コーンスープもシクロクロス観戦で冷えた体を温めてくれました

 

さぁ腹ごしらえもしましたし、そろそろ男子エリートが始まる頃かな?

男子エリートスタート

バイミードックをモグモグしていたら、いつの間にか男子エリートのレースがスタートしていました

 

あれ?始まってるじゃん

 

慌てて会場へ駆け寄ると

f:id:connecttothepoint86:20161212222748j:image

さすがシクロクロス日本一を決める全日本選手権大会だけあって、大迫力

 

次々とシクロクロス選手達が猛スピードで目の前を駆け抜けて行きます

f:id:connecttothepoint86:20161212223049j:image

やなぎぃなら、自転車を押さないと上がらない様な急な坂道もガンガン登っていきます

f:id:connecttothepoint86:20161212223218j:image

フライオーバーもラクラク越えて行きます

f:id:connecttothepoint86:20161212223439j:image

フライオーバーの先に待ち受けるのが、この砂セクション砂の深さは40cmもあるのでこれまたやなぎぃならあっと言う間にタイヤを砂に取られて転びそうです、いや転ぶ事間違い無しですね

 

そんな砂セクションを選手達は転ぶ事なくガシガシ進んで行くので驚きですね

 

本当凄い!

f:id:connecttothepoint86:20161212223735j:image

ゆっくり歩かないと転びそうな程急な坂道も、男子エリートの選手達は足を付かずにガーッと登って行きます

 

いやぁ圧巻です

f:id:connecttothepoint86:20161212224001j:image

自転車を抱えて登って行く場所もあります

f:id:connecttothepoint86:20161212224033j:image

悪路を走ったり、坂道を上がったり下ったり、自転車担いだり、もぉ何か色々あり過ぎて大変な競技だなと観戦しながら終始思っていました

 

 応援した選手

沢山の選手が競っていたシクロクロス全日本選手権大会ですが、やなぎぃは地元のチームである宇都宮ブリッツェン所属の小坂光選手を応援していました

f:id:connecttothepoint86:20161212224253j:image

こちらの赤いサイクルジャージの選手が小坂選手

 

目の前を小坂選手が通る度に、拍手して

 

頑張れ〜

 

と蚊の鳴くような声で応援していました

 

なかなか声って張れないものですね

 

大声で応援している人も沢山いましたし、カウベルをカラカラ鳴らしながら応援している人も沢山いました

 

あのカウベルは声張らなくて良いからいいな〜

 

なんて思いながら、終始蚊の鳴くような声とささやかな拍手で応援させていただきました

f:id:connecttothepoint86:20161212224748j:image

頑張れ小坂選手〜

 

レース結果

f:id:connecttothepoint86:20161212224844j:image

優勝はエリート初年度になる22歳の沢田選手、独走での勝利でした

 

小坂選手は残念ながら優勝は逃したものの、第3位に入りました

f:id:connecttothepoint86:20161212225745j:image

お疲れ様でした

f:id:connecttothepoint86:20161212225817j:image

レース後、まだ走っている選手達がいる中始まった表彰式では、小坂選手のスッキリとした表情が印象的でした

 

後で小坂選手のインタビューを読んだのですが

 

今日ここまでやれる事は全てやって来ました、全く後悔はありません

 

また諦めずにやっていきたい

 

という言葉がありました

 

勝ち負けだけではなく、競技に臨む姿勢に感動しました

 

やなぎぃも小坂選手の様に胸を張って、

 

やれる事は全部やって来たので全く後悔は無い!

 

と言える様な男になりたいなと思いました

 

シクロクロスの応援にはまた行きたいと思いながら家路につきました

 

次は蚊の鳴くような声で応援にならない様にカウベルを買ってカラカラカラカラ会場で鳴らしてみたいと思います

 

おしまい。

 

関連記事

sasuraimatatabi.hatenablog.com

 

第22回シクロクロス全日本選手権大会観戦記①

今日は、

 

疲れが溜まっているのかしら?

 

という位、睡眠時間を長くとってしまった日曜日でした

 

なんと、起きたの午前11時

 

寝たのが12時頃だったので、軽く10時間は寝ていた事になります

 

いやぁ〜さすがに寝過ぎましたね、本当に寝過ぎです

 

そして、寝過ぎて頭がボーッとする中顔を洗い着替えをして「とある場所」へ車を走らせました

 

とある場所とは、ろまんちっく村

 

さぞかしロマンチストが多く住んでいる村なのかな?とお思いかもしれませんが、ろまんちっく村は宇都宮の道の駅で、農産物直売所があったり、温泉施設があったり、ドッグランがあったり普段から地元民の憩いの場となっています

 

詳しく知りたい方は、こちらの公式ホームページをご覧下さい道の駅うつのみや ろまんちっく村-46haの滞在体験型ファームパーク

 

今日はこのろまんちっく村にて、シクロクロスという自転車競技の全日本選手達が開催されるという事でやなぎぃは寝ぼけ眼で観戦に向かいました

 

長らくこのブログも自転車ネタが無かったのですが、遂に久しぶりの自転車ブログとなります

 

やなぎぃは自転車乗りませんけどね

 

車に乗ってろまんちっく村へ向かって行きましたよ

 

それではご覧下さい

シクロクロスって何?

やなぎぃも初観戦なのであまり詳しくはないのですが、シクロクロスについてあやふやな説明をさせていただきます

 

ロードレースのオフシーズンのトレーニングとして、不整地な砂場や坂道などを走る事が1900年初め頃ヨーロッパで行われたのが発祥みたいです

 その後、競技として発展したものがシクロクロス

 ざっくり言うと自転車で行なうクロスカントリーの事とでも言うのでしょうかね?

 日本でも40年程の歴史があり、第1回全日本選手権大会は20年前の1996年1月に行われています

 ロードレースシーズンが終わる10月頃からシクロクロスシーズンが始まり、年明けの2月頃まで続きます

 

今日はそのシクロクロス日本一を決める全日本選手権大会

 

第22回目となる今回は、初の宇都宮での開催です

 

ロードバイクを嗜んでいるやなぎぃとしては、1度見ておくべきと思い自宅から車で20分程の所にあるろまんちっく村へと向かった訳です

 

会場に到着すると、駐車場はほぼ満車状態で、駐車するのに苦労しました

 

さすが自転車のまち宇都宮といった所でしょうかね

 

今大会は、宇都宮市政120周年記念大会として行われている様です

 

シクロクロス全日本選手権大会スケジュール

12/11(日)

  • 9:00〜9:40男子ジュニア
  • 10:10〜11:00男子U23
  • 12:30〜13:10女子
  • 13:50〜14:50男子エリート

 

というスケジュールで行われていましたが、やなぎぃが会場に到着したのは12:45分頃だったので、ちょうど女子が走っている時間でした

 

早速観戦スタートです

 f:id:connecttothepoint86:20161211225834j:image

こんな凄い坂道をダーーーッて駆け上がったり

f:id:connecttothepoint86:20161211233532j:image

やなぎぃなら間違いなくすっ転んでしまいそうな砂場をガシガシ進んだり

f:id:connecttothepoint86:20161211230126j:image

これは、ちょっと楽しそうな坂道を乗り越えたり

 

この坂道はフライオーバーというらしいです

 

やっぱりロードレースとは一味も二味も違う魅力がありますね

 

レース時間も女子は40分という事なので、あちらこちらに移動して観戦しているうちにあっと言う間にレースは終了です

f:id:connecttothepoint86:20161211230511j:image

優勝選手のゴールシーン

 

優勝した坂口選手は前回大会に引き続き2連覇、来期はオランダに移籍して世界を舞台に戦うそうです 

f:id:connecttothepoint86:20161211234548j:image

勝利者インタビューで

 

今期の中で1番ダメなレースでした

 

と言っていたのが印象的

 

2位以下を突き放す独走でのゴールでしたが世界を既に見据えての走りだったのでしょうかね?

 

いやぁ〜世界で戦うなんて素晴らしい!おめでとう!

 

と、拍手を送った所でお腹が減って来ました

 

朝起きてすぐにろまんちっく村にやって来たので当然ですよね

 

男子エリートのレース開始までは、少し時間があります

 

会場にはグルメブースもあって色々な屋台が出店しているので、何か食べようと思います

 

何を食べようかな〜

 

つづく…

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました

 

では、また。

【最終回】歯医者復活記⑤石の上にも歯医者にも3年

土曜の午後の眠気はスゴイですね

 

朝起きて、英語の予習をして、英会話へ行き、帰って少し遅めの昼食を食べた後にテレビを見ているとやって来る眠気

 

地味にスゴイですね

 

「地味にスゴイ校閲ガール河野悦子」の最終回を見ながらソファで寝てしまって身体が痛くなりながら何とか熟睡する事なくこのブログを書き始めています

 

それでは、歯医者の話の続きをどうぞ

タイから帰国

歯の痛みを全く気にする事なく、タイ出張を終える事ができました

 

仕事もそれなりに上手くいきました

 

歯医者さんありがとう!

 

しかし、治療はここからが大変でした

歯磨きの特訓

神経を取ったのは、あくまでも応急処置的なもので、タイから帰国後も定期的に歯医者へ通う事になりました

 

まず最初には、小学生の頃やった事があった、口を赤く染めて磨けていない箇所を確認するあれを35歳のおっさんがやることになったのです

 

結果

 

真っ赤っか

 

笑ってしまう位

 

真っ赤っか

 

でした

 

歯科衛生士さんは、おそらく10歳は年下の女性です歯医者へ行くたびに歯磨きの特訓でした

 

はい、まず磨いてみてください

 

は、はい

 

シャコシャコシャコ・・・

 

はい、分かりました、ちょっと強く磨き過ぎですね

 

この様な具合に、指導に次ぐ指導を受けながら歯磨き特訓が続きました

 

今から思えば、しっかり磨けていなかったから歯が欠けてしまったと分かるのですが、当時のやなぎぃは35歳にもなって手鏡見ながら歯磨き特訓する事が恥ずかしいやら情けないやらってな感じでした

 

歯茎の状態も良くなくて、治療の度に口の中は血だらけになっていました

3年後

歯医者通いが復活してから早くも3年の月日が流れました

 

なんやかんやと、未だに歯医者に通っていますが遂に先月歯科衛生士さんに褒められました

 

かなり歯茎の状態が良くなって来ているようで、出血もほぼ無くなりました

 

あれだけダメ出しされてもくじけずに、毎日歯を磨き続け遂にここまでやって来ました

 

出来なかった事でも3年続けていたら、出来るようになりました

 

すぐに諦めたり挫けたりせずに、続ける事が大切なんだな〜って事に歯医者に3年通う事で気が付きました

 

ここでホッとするとまた歯茎の状態が悪くなりかねませんので、しっかりと歯磨きして行きたいと思います

 

でも、歯磨きって面倒くさいなぁ〜って思います

 

タブレットをかじったり、飴を舐めている内に歯が綺麗になったりすると良いなと思いながら今夜もまた歯を磨いています

 

ここまでで。歯医者復活記は最終回となります

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました

 

では、また。

関連記事

sasuraimatatabi.hatenablog.com

sasuraimatatabi.hatenablog.com

sasuraimatatabi.hatenablog.com

sasuraimatatabi.hatenablog.com