読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やなぎぃの“またたびロードバイク”

すべては「しまなみ海道ひとり旅」からはじまった…ネコがまたたびでゴロゴロする様にクセになるロードバイクの旅をゆる〜くスローにお届けします。さぁ、またたびに出よう!

しまなみ海道ひとり旅③輪行バッグパック選び

輪行収納修行2日目

 

一夜明けて再び輪行袋に収納練習開始です

 

「昨日3セットも練習したから、1回パパッとバラして組み上げて終了だな」って感じで始めたのですが

 

あれ?チャックしまらん…汗

 

おや?チャックしまらん…大汗

 

なんで?チェックしてみる…激汗

 

始めからやり直してようやく収納出来ました、ふぅ〜ひと筋縄ではいきませんね

 

へこたれずに、もう1回練習!ようやく慣れてきて、バラしと組み上げそれぞれ10〜15分程で出来る様になりました

 

輪行修行はしっかりと!

 

2、3回練習しただけでは100%ではありませんでしたね

 

輪行当日、駅のホームで激汗をかかなくて済む様にしっかり確実に収納できる様になるまで練習をオススメします。

 

輪行の旅バッグパック選び

 

しまなみ海道の旅は3泊4日を計画、輪行バッグと共に必要になるのが、3泊分の着替え等を入れられるバッグパックです

 

普段の出張などではスーツケースをガラガラ転がしていますので、大きめなバッグパックは持ってないんですよね

 

これもなかなか悩ましい所でした、何せ選択肢が幅広いですからね

 

しばらく悩んだ末、

 

サイクリング専用のバッグパックを多数リリースしているdeuter(ドイター)から選ぶ事にしました

 

ここからも、また悩ましかったですね

 

何せ、deuterはサイズやデザインが豊富にあるからです

 

あれこれホームページを見比べて私が決めたのは「トランスアルパイン25」ですTrans Alpine 25 - バイク -バックパック - Deuter Japanアルプス越えという名を冠したマウンテンバイクツアー用に設計されたモデルです

 

30ℓタイプと最後の最後まで悩みましたが、普段でも使えそうな25ℓサイズにしました f:id:connecttothepoint86:20160923223752j:image

ヘルメットをそのままバックルで止められるのがお気に入りです(メッシュカバーで留めるタイプもありますがこちらの方が個人的にはクールだなと思いました)

f:id:connecttothepoint86:20160923224429j:image

もう1つお気に入りポイントは、この2気室構造!

 

バッグパックは、荷物をドンドン詰め込むので、奥にある荷物を取り出しにくくなりがちですが、この2気室を活かして携帯の充電器やパンフレットなどを分けて入れる事が出来てパッとすぐ取り出せるので、スゴく便利!もちろんチャックを開け広くして使う事もできます

 

さぁさぁ旅はまだ先ですが、着替えや荷物をトランスアルパイン25に詰めてみましょう!

f:id:connecttothepoint86:20160923225651j:image

はい!パンッパンです(笑)3泊4日分の荷物は結構重たいのですが、背中と肩にあたる部分のクッション性が高いので背負いやすいです

 

これなら何とかいけるかな?

 

パンッパンのバッグにワクワクも詰めこんで…

 

ではまた。