読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やなぎぃの“またたびロードバイク”

すべては「しまなみ海道ひとり旅」からはじまった…ネコがまたたびでゴロゴロする様にクセになるロードバイクの旅をゆる〜くスローにお届けします。さぁ、またたびに出よう!

しななみ海道ひとり旅⑦2時間ショートライド

この頃、ブログを綴りながらしまなみの旅を思い出して感慨に浸っているやなぎぃです

 

さぁいよいよ今日のブログから、本当にペダル回しますよ〜どうぞご覧ください

 

しまなみ海道スタートは渡船から

 f:id:connecttothepoint86:20160927215311j:image

尾道駅の向かい側に向島行き渡船のりばがあるのですが、まずはここからしまなみ海道へ入って行く事が推奨されています

 

尾道大橋という橋があるのですが、車の交通量も多く狭い橋の為自転車では危ないそうです

f:id:connecttothepoint86:20160927215933j:image

渡船の運賃は、片道ロードバイク込みで120円、渡船のりばから船が離れると船員さんが運賃徴収に回って来ますので、小銭を準備しておくと良いですね

f:id:connecttothepoint86:20160927220211j:image

現地の人と一緒に乗り込んだ渡船には学生や主婦の方などの姿、普段の暮らしに密着しているんだなと感じつつ、ワクワクからか少し顔がニヤけてしまいます

 

渡船に乗ることわずか5分程で向島へ到着です

 

2時間のショートライド

現在の時刻午後2時、午後4時くらいに尾道に帰って来ればホテルのチェックインには丁度良いなと決めてペダルを回します

f:id:connecttothepoint86:20160927221026j:image

向島を走り出してすぐに気がつくこのブルーラインは、70㎞先の今治までサイクリストを迷わず案内してくれます

 

素晴らしい!助かります!

 

日差しが強いので、日焼け止めを手足と顔に塗りペダルを回します

 

街の中を走っていくと遂に…つ・い・に〜

f:id:connecttothepoint86:20160927221302j:image

海が見えて来ました〜テンション上がりますね〜この景色の為に来ました〜テンションアゲアゲのまま、しばらく海沿いを走って行くと

f:id:connecttothepoint86:20160927221459j:image

大きな橋が!絶景だ!記念写真だ!ヤッホー!

 

よし!あの橋まで行ってみよう!冒険だ!

f:id:connecttothepoint86:20160927222258j:image

いやぁ〜しかし瀬戸内の海は綺麗だな〜このエメラルドグリーンの色合いは関東の海とは違いますね〜

 

旅の目的達成!?

もうこの辺りで既に海沿いを走りたいという旅の目的は達成した気分になってしまいました(笑)

 

それ位、最初のうちから海沿いをたっぷり走れるのがしまなみ海道なんですね

 

因島大橋

f:id:connecttothepoint86:20160927222430j:image

って事で1つ目の橋因島大橋入り口まで到着!ココから結構つづら折りな感じで登りがあります

 

それなりな登りです

f:id:connecttothepoint86:20160927222746j:image

登りきると、こんな感じで歩行者と自転車レーンが分かれています

f:id:connecttothepoint86:20160927223137j:image

因島大橋は、しまなみ海道の橋の中で唯一、歩行者、自転車専用道が車道の下にあります

 

その為、自動車が上を通ると橋がちょっと揺れるので怖かったですね

 

橋の距離は、なかなか長く、1.3㎞ほどあります良く作ったな〜って思いますよ

f:id:connecttothepoint86:20160927223434j:image

景色は金網ごしなのでそれ程良くない感じですかね〜

f:id:connecttothepoint86:20160927223751j:image

因島大橋を渡りきると今度は楽チンな下りですシャーーっと下りきった所で折り返し、尾道行きの渡船のりばへ引き返しました

f:id:connecttothepoint86:20160927225116j:image

渡船が来るのを桟橋で待ちますが、すぐに来てくれます

 

因島尾道間の渡船は、5分〜10分くらいの間隔で夜10時頃まで運航しているのに驚きました

 

渡船は重要な生活の足なんだな〜と感じましたね

 

さぁ後はホテルまで自走してチェックインです

 

ではまた。