読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やなぎぃの“またたびロードバイク”

すべては「しまなみ海道ひとり旅」からはじまった…ネコがまたたびでゴロゴロする様にクセになるロードバイクの旅をゆる〜くスローにお届けします。さぁ、またたびに出よう!

しまなみ海道ひとり旅②⓪最終回

このブログを始めるキッカケとなったしまなみ海道ひとり旅もいよいよ最終回

 

それでは、ペダルを回していきましょう

尾道まであと25㎞!

タイヤの空気が抜けて走れなくなるトラブルから、ロード兄さんのおかげで走れる様になりました

↓ロード兄さんについてはこちらの記事をご覧ください

sasuraimatatabi.hatenablog.com

 

時刻は午後6時ホテルに着いている予定の時間です、尾道のホテルまではおよそ25㎞気持ちに負ける事なくペダルを回します

 

残す橋はあと2つ!

まずは、生口大橋を越えていきます

 

徐々に太陽が傾いて瀬戸内の景色を赤く染めていきます

 

走りながら気になるのが後輪の状態、

 

またトラブルがあったらアウトだなぁ〜と思うやなぎぃに、

 

起こってもいない事にクヨクヨしてる位ならペダルを回そうというやなぎぃ

 

相反する2人のやなぎぃが行ったり来たりしながら進みます

 

因島大橋を越える時

しまなみ海道ひとり旅を往復して分かったのですが、行きも帰りも最後がキツい

 

もちろん、長い距離を走った後という理由もあると思いますが、結構な登りが行きも帰りも最後に待っています

 

しかし、因島大橋を越えればもうすぐ尾道です、ペダルを回す足を止めずに進みます

 

夕焼けに映えるしまなみ海道

夕焼けが赤く染める瀬戸内の海と因島大橋とのコントラストは息をのむ様な美しさです

 

足を止め、ゆっくり眺めたい

 

という思いもありますが

 

ホテルに早く着いて、ゆっくりしたい

 

という思いの方が大きかったですね、スマホの充電が切れてなければ写真撮りたかったのですが

 

この素晴らしい景色は心に残しておけばいい

 

とかカッコいい事をその時は思ったりはしませんでした

 

でも、今はあの素晴らしい景色がしっかり心に残っています

 

遂に尾道到着

太陽は海の向こうに沈みブルーラインはもう暗くて見えません

 

それでもペダルを回し続けた甲斐もあり、ようやくホテルに到着しました

 

時刻は午後8時を回っていて約12時間のロングライドとなりました

 

走行距離は97.16㎞やなぎぃレコード更新です(1日の走行距離部門)

 

色々ありましたが、充足感に満ち溢れた1日でした

 ↓色々あったうちの一つの記事です

sasuraimatatabi.hatenablog.com

 

今日の晩御飯は?

ホテルの側にお好み焼き屋さんがあったので、シャワーを浴びてから向かいました

 

が、

 

9時閉店でした…尾道はお店が早く締まりますね

 

結局晩御飯は、慣れ親しんだセブンイレブンで簡単に済ませました

 

最終日

ホテルから尾道駅まで自走して輪行バッグにロードバイクを収納し、宇都宮市まで新幹線で無事帰りました(あっさり)

f:id:connecttothepoint86:20161013005351j:image

輪行では駅のエレベーターが助かります

 

しまなみ海道ひとり旅を終えて

初ひとり旅、初輪行、初フェリー、初マハタ丼などなど、お初づくしの旅になりました

 

今年37歳になるやなぎぃですが、最近は初めての経験が無くなってきて、刺激が少なくなってきているなと感じたりしています

 

しまなみ海道ひとり旅で久しぶりに、かなり多くの初めてに刺激を受けました

 

その一つ一つをこのブログに綴って来たつもりです

 ↓やなぎぃのおすすめ記事の一つ

sasuraimatatabi.hatenablog.com

 

経験は力になる

スマホで検索すれば何でも調べられるし、連絡もいつでも出来る便利過ぎる世の中ですが

 

照りつける太陽、吹き抜ける海風、寄せては返す波、旅先で出会った人達、美味しいグルメetc...

 

検索しても分からない沢山の経験はきっと力になる

 

改めてそんな事を感じられた素晴らしい旅となりました

 

最後に

長々と続いたこのブログを読んでいだいている皆さんありがとうございました

 

自分でもこんなに長くなるとは思いませんでしたが、読んでくれる皆さんのおかげで続ける事が出来ました

 

このブログを始めるキッカケとなった旅のお話はひとまず完結です

 

でもきっと“またたび”に出ることでしょう。

f:id:connecttothepoint86:20161013005222j:image

↑うちのねこはちこ

玄関で出迎えてくれました(とやなぎぃ思ってます)

 

では、またのたびで。