読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やなぎぃの“またたびロードバイク”

すべては「しまなみ海道ひとり旅」からはじまった…ネコがまたたびでゴロゴロする様にクセになるロードバイクの旅をゆる〜くスローにお届けします。さぁ、またたびに出よう!

伊豆大島1周0泊2日⑦ビールを最高においしく飲む方法

寒くなったと思ったら今日は半袖日和で、汗を結構かいておいしいビールを飲みたいなと思ったやなぎぃです

 

それでは、ビールの話しが出てくる伊豆大島旅の続きをどうぞご覧ください

今年度最高の1杯

レインボーブリッジを下から見た後、デッキを降りて一息付ける場所を探しましたが

レインボーブリッジを下から見たお話はこちら↓

sasuraimatatabi.hatenablog.com

 

椅子があるスペースは全て先約があって座れませんでした

 

そこで、あまり人がいない端の通路で缶ビールを開けました

f:id:connecttothepoint86:20161019001800j:image

いつもは350mlですが、奮発して500mlです

 

ひと口

 

ゴクッ

 

もうひと口

 

ゴクッゴクッ

 

プハァーーッ、、、クゥーー!

 

最高においしい1杯です

 

夜の海風を浴び、チーたらやカルパスがセットになったちょっとしたおつまみを食べながら、今年度最高の1杯をいただきました

 

やなぎぃは思いました

 

ビールの味は、その時の景色や気分が最高にしてくれるという事を

 

また、最高においしいビールが飲みたいものです

少しずつ離れて行く港

f:id:connecttothepoint86:20161019002233j:image

こんな光と闇のコントラストが美しい港の夜景が視界から離れて行く様子をみながら、最高な時間をしばし楽しみました

 

早くも消灯

23時に竹芝客船ターミナルを出港しましたが、23時50分には消灯です

 

ビールを飲んだらすぐに1等室へ向かいました

f:id:connecttothepoint86:20161019002635j:image

ちゃんと布団が用意されていて休む事が出来るので良かったです

 

10人部屋ですが、やなぎぃを入れて2人しか利用者はいませんでした

 

明日は早いので、すぐに布団に入りました

 

トラブルのバタバタの疲れもあったせいかスッと深い眠りにつきました

バタバタについての記事はこちら↓

sasuraimatatabi.hatenablog.com

 

早くも起床

記憶が曖昧ですが、確か午前4時30分位に船内放送で

 

「間も無く大島到着です、降りられるお客様はご支度をして降り忘れの無いようにお願いします」

 

という主旨で何度か放送がありました

 

結構な音のボリュームだったので、何とか起きられました

 

眠い目をこすりながら顔を洗い、サイクルウェアに着替え、大島到着を待ちます

 

僅か7時間程の短い船旅でしたが若干船酔い

 

次、船に乗る機会があったら、酔い止めを用意して来ようかな〜なんて考えているうちに

岡田港接岸

f:id:connecttothepoint86:20161019003520j:image

夜が明ける前に大島の港である岡田港※へ近づいて来ました

 

※大島では天候により岡田港か、少し離れた所にある元町港どちらに入港するか選択されるそうです

f:id:connecttothepoint86:20161019003949j:image

あと少しで接岸します

f:id:connecttothepoint86:20161019004016j:image

無事に接岸、お見事

9/17(土)AM5時大島到着

6時到着と思っていたら、1時間早い5時到着でした

f:id:connecttothepoint86:20161019004554j:image

多くの乗客が大島で降りました

 

これから、さるびあ丸は次なる島へと出港していきます

f:id:connecttothepoint86:20161019004706j:image

船から降りてまず始めに、ロードバイクを組み立てます

 

気が付くとロードバイク乗り達は、不思議と一列に並んで組み立てていました

 

やなぎぃは、チャチャッと10分程で組み上げて、いよいよ伊豆大島1周に向けてペダルを回し始めました

f:id:connecttothepoint86:20161019005629j:image

さるびあ丸、ありがとう

f:id:connecttothepoint86:20161019005730j:image

岡田港を出る頃には大島の朝が少しずつやって来ていました

 

では、また。