読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やなぎぃの“またたびロードバイク”

すべては「しまなみ海道ひとり旅」からはじまった…ネコがまたたびでゴロゴロする様にクセになるロードバイクの旅をゆる〜くスローにお届けします。さぁ、またたびに出よう!

伊豆大島1周0泊2日①⑦大島珈琲と共に

またもや電池を買い忘れてしまったと、ブログを書き出した途端に思い出したやなぎぃです

 

それでは、伊豆大島1周の旅の続きをどうぞ

岡田港到着

f:id:connecttothepoint86:20161028001621j:image

温泉に入り→サッパリ→岡田港を目指しペダルを回し汗だく→岡田港に到着←イマココ

 

岡田港到着後、まずはロードバイク輪行バッグにしまいます

 

既にやなぎぃの他にも沢山の自転車乗りの方々が同様に、輪行バッグ収納作業をしていました

 

チャチャっと収納してから、手荷物のタグをもらうため受付に向かいましたが、

f:id:connecttothepoint86:20161028002224j:image

今回の収納具合は、かなり不恰好な出来に、、、まだまだ精進が必要ですね

 

ジェット船の場合、ロードバイクは別途1000円の手荷物料金がかかります、受付の方に一声かけるだけで対応してくれてスムーズです

 

ちなみに、大型客船はロードバイク持込無料でした

f:id:connecttothepoint86:20161028002750j:image

手荷物券は、目立つ場所に針金で自分で止めておきます

大島珈琲

時刻は午後3時10分、ジェット船出発まではほんの少しだけ、時間があります

 

珈琲の移動販売車があったので、大島珈琲をホットで1つ注文しました

f:id:connecttothepoint86:20161028003333j:image

軽ワゴンで移動販売出来るんだな〜

 

と、考えている間も無く珈琲を受け取り

f:id:connecttothepoint86:20161028001621j:image

大島の海と大島珈琲

 

絵になるな 〜このカップのデザインもモダンだしいいね〜

 

と、感慨に浸る間も無く東京竹芝客船ターミナル行きのジェット船乗船のアナウンス

 

珈琲をゆっくり飲む間も無くやなぎぃはジェット船に乗り込みに向かいます

 

しかし、

 

大島珈琲のホットを持ちながら輪行バッグを抱えるのに難儀しました

 

大島珈琲は、とても熱くて猫舌やなぎぃはすぐに飲めず、持つ手も持ち変えたり、こぼしそうになったり

 

時間にもっと余裕がある時に購入した方が良いかもしれませんね

 

お味は、とてもおいしい珈琲でした

f:id:connecttothepoint86:20161028004720j:image

こちらが乗船したジェット船です、いかにも速そうなフォルムです

 

輪行バッグの置き場所

f:id:connecttothepoint86:20161028004650j:image

輪行バッグやスーツケースなど、かさばる荷物は左奥からつめて置くように船員さんが親切に教えてくれます

 

さよなら大島

定刻の午後3時35分東京竹芝客船ターミナルに向けて出港しました

 

岡田港ではジェット船に向けて手を振ってくれている島の人の姿

 

まるで、映画のワンシーンの様で心にグッときました

 

家族、友達、恋人、誰かに向けて手を振っているのかもしれませんがね(笑)

 

窓際の席ではないので手を振り返す事はできませんでしたが、心の中で手を振り返していました

 

ありがとう伊豆大島

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました

 

次の更新で伊豆大島1周の旅も、最終回になります

 

宜しければご覧ください

 

では、また。