読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やなぎぃの“またたびロードバイク”

すべては「しまなみ海道ひとり旅」からはじまった…ネコがまたたびでゴロゴロする様にクセになるロードバイクの旅をゆる〜くスローにお届けします。さぁ、またたびに出よう!

伊豆大島1周0泊2日④旅に出る前の買い物

最近、少し寝不足気味のやなぎぃです

 

早寝早起きしたいなと思いつつ寝るのが遅くなってしまいます

 

それでは、伊豆大島旅の続きをどうぞ

9/17(土)午後 

いつも利用しているサイクルショップネオサイクリスタへ到着、目的のタイヤチューブを選んだ後に気になるグッズがありました

 

気になるサドルバッグ

今までは、ボトルケージに入るケースを使用していましたが、携帯ポンプ、タイヤレバーなどを入れるとタイヤチューブ1つしか入りませんし、かなりパッツンパッツン

 

ボトルケージもドリンク用に2つあった方がやっぱり良いなと思いました

f:id:connecttothepoint86:20161017013332j:image

↑左から2番目がボトルケージに入れるケースです

 

伊豆大島旅のために、タイヤチューブが2個入るサドルバッグを買う事にしました

 

サドルバッグは、サイズと形が豊富にあるので、かなり悩みました、、、

 

時間をかけてやなぎぃ選んだのがトピーク「Aero Wedge Pack DX-M」

TOPEAK トピーク / Aero Wedge Pack DX [ エアロ ウェッジ パック DX Mサイズ ]

f:id:connecttothepoint86:20161016235540j:image

↑コチラです

f:id:connecttothepoint86:20161016235624j:image

やなぎぃが好きな2気室構造が決め手でした

2気室が好きな理由が分かる記事はコチラ↓

sasuraimatatabi.hatenablog.com

 

f:id:connecttothepoint86:20161017000208j:image

これだけのグッズを入れても

f:id:connecttothepoint86:20161017000302j:image

 キレイに収まります

  しかも!

f:id:connecttothepoint86:20161017000401j:image

2気室部分にもう1つタイヤチューブが入れられる収納力があります(若干キツめですが)

f:id:connecttothepoint86:20161017000605j:image

サドルの下に装着するとこんな感じで結構カッコいいです

 

ただ、テールライトが隠れてしまうので、サドルバッグに装着出来るタイプのライトを今度買わないとなと思いました

レインウェア

サドルバッグを選んだ後、雨対策のためのレインウェアをネオサイクリスタで見ていたのですが、

 

自転車専門メーカーのレインウェアは、サイクルジャージの後ポケットにスッと手が入れられたり、走行中に受ける風を逃す構造だったりスグレモノですが

 

反面、

 

スケスケだったり蛍光色な物が多く、普段使いは難しいので、近くのアウトドアショップへ向かう事に

 

ワイルドワンというアウトドアショップがネオサイクリスタから歩いてすぐの所にあります

 

そこで色々見た後に良いなと思い、選んだレインウェアが

f:id:connecttothepoint86:20161017001812j:image

パタゴニア「フーディニJKT」

メンズ・フーディニ・ジャケット | Men's Houdini Jacket| パタゴニア | オンラインショップ | アウトドアウェア

デザインがカッコいいのは勿論、

f:id:connecttothepoint86:20161017002024j:image

↑簡単にコンパクトに出来ます

 

雨がパラつく程度なら凌げそうですし、小さく収納した後でも、シワシワになりにくそうな素材なのもポイント高かったです

 

何より普段も普通に着れそうなのが1番の決め手でした

 

パンクも雨降りも出来るだけ無い方が良いのですが、万が一に備えての準備は大切です

 

そう思った理由の記事はコチラ↓

sasuraimatatabi.hatenablog.com

 

歯医者へ

買い物の後、予約していた歯医者へと向かいました

 

治療ではなく、定期検診です

 

顔なじみの歯科衛生士さんに

 

「今晩伊豆大島へ出かけるんですよ〜」

 

とか話をしたりしながら、30分程で歯医者は終了です

普段通りの土曜日から、、、

英会話→買い物→歯医者

 

普段通りのスケジュールを順調にこなし出発までは自宅でくつろぎます

 

録画しておいたテレビ番組を見たりしながらまったり(イッテQ水曜どうでしょうなど) 

 

旅に出るのは、決まって早朝が多かったので夕方まったりしているなんて、不思議です

 

では、また。